本文へ移動

住宅補助金制度(ZEH)

ZEH(ゼッチ)住宅とは

ZEH住宅とは
 
ZEH(ゼッチ)とは、「外皮の断熱性能の大幅な向上と、高効率な設備・システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネを実現(省エネ基準比20%以上)。その上で、再エネを導入して、年間の一次エネルギーの収支をゼロとすることを目指した住宅」を指します。つまり太陽光で発電したエネルギーと消費されるエネルギーがおおむね同じになる省エネ・創エネ住宅のことです。
 
国は、災害時の電力需給のひっぱくやエネルギー価格の不安定化などを受け、各家庭における省エネ・省CO2を期待し、エネルギー需給構造の改善のため、環境省・国土交通省・経済産業省の3省にてこの事業を支援しております。
 
 
ZEH住宅とは

ZEH住宅のメリット

ZEH住宅のメリット
光熱費を抑えることができる(ランニングコストを抑えることができる)
・国から補助金がもらえる
高断熱住宅となるのでヒートショックの予防につながる
高性能設備につき住宅資産価値が向上する
・蓄電池を設備した際は、災害時も安心
CO2削減に貢献できる
 
ZEH住宅の一番大きいメリットとしては、光熱費を抑えることができる(ランニングコストを抑えることができる)ということではないでしょうか。ZEH住宅はエアコンや照明、給湯、換気などの消費電力エネルギーを太陽光発電でまかなえることができるので、毎日使用する電気代を気にしなくてOK!無理な節約もしなくてもいいのです。また、ZEH住宅は断熱・気密性が高いので、健康的に快適に過ごすことができます。中でも住宅内での温度差が非常に少ないのでヒートショックなどの被害を予防できるのです。
加えて、ZEH住宅は環境省・国土交通省・経済産業省の3省にて国の事業として進められています。そのためZEH住宅を新築・購入・改修する場合は補助金がもらえ、まとまった額を支払いに充てることができます。2020年度は先着順となっておりますので、早めの対応が求められます。
また、長年、戸建住宅に住んでいると建物への資産価値は落ちていきますが、ZEHは高断熱・高気密なので、建物へのダメージが小さく、長年住み続けても資産価値が落ちにくいです。

2020年度(令和2年度)のZEH補助金制度について

ZEH住宅は太陽光発電と省エネ家電を導入しなければならないので自ずと初期費用がかさみます。現在、国はZEH普及のため、ZEH住宅を新築、あるいはZEHに改修する方に対し、補助金を交付しています。補助金をうまく活用して、快適な住宅を建てることをおすすめいたします。2020年度(令和2年度)のZEH支援事業は以下となります。

補助金がもらえる対象

ZEH住宅補助金制度
 ZEH交付要件を満たす住宅を新築する方
 ZEHの交付要件を満たす新築建売住宅を購入する方
 自己所有の住宅を交付要件を満たす住宅改修する方

補助対象住宅の要件

補助対象住宅の要件
 所有者自ら居住する戸建て専用住宅であること。
 SII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)に登録されたZEHビルダーまたはプランナーが設計、建築、改修または販売を行うZEHであること。

補助金額

 
01 ZEH支援事業
定額60万円
 
 
02 ZEH+実証事業
定額105万円
 
 
03 ZEH+R強化事業
定額115万円
 
 
04
先進的再エネ熱等導入支援事業
(ZEH支援事業とZEH+実証事業の交付を受けた住宅に限り)最大90万円
 
ZEH補助金はZEH性能によって変わります。
01 ZEH:一次エネルギー消費量を省エネの基準よりも20%以上削減する住宅。
 
02 ZEH+:ZEHを高性能化。一次エネルギー消費量を省エネの基準より25%以上削減することに加え、電断熱性の強化、蓄電システム、燃料電池、電気自動車などを導入している住宅。
 
03 ZEH+R:ZEH+をレジリエンス機能強化、防災機能の優れた住宅。以下の内1つ以上を導入すること。
1.蓄電システム
2.自立制御電源を確保した太陽熱利用温水システム
3.停電自立型燃料電池
 
04 先進的再エネ熱など導入支援事業:「令和2年度ZEH支援事業」「令和2年度ZEH+実証事業」いずれかの交付決定を受けた補助対象住宅 で以下の建材・設備をいずれか使用している住宅。
1.直交集成板(CLT)…定額90万円/戸
2.地中熱ヒートポンプシステム …定額90万円/戸
3.PVTシステム …65~90万円/戸
4.液体集熱式太陽熱利用システム …12万円/戸もしくは15万円/戸
5.蓄電システム(ZEH+実証事業において蓄電システムを導入する場合に限る) …2万円/kWh、補助対象経費の1/3又は20万円のいずれか低い額

2020年(令和2年度)補助金制度のスケジュール

補助事業
スケジュール
採択方法
ZEH支援事業
1次公募:5/7~6/19 (審査期間~7/10)
2次公募:7/6~8/21 (審査期間~9/11)
3次公募:8/31~9/25 (審査期間~10/16)
4次公募(二か年事業のみ):11/30~1/8 (審査期間~1/29)
先着順・都度交付決定
ZEH+実証事業
【提案応募】4/20~5/11(提案応募審査期間~5/25)
1次公募:6/1~8/28 (審査期間~9/23)
2次公募:9/7~10/30 (審査期間~11/25)
都度交付決定
ZEH+R強化事業
1次公募:5/7~5/15 (審査期間~6/12)
先着順・都度交付決定
先進的再エネ熱等導入支援事業
1次公募:5/7~10/30 
先着順・都度交付決定
スケジュールは変更となることがあります。必ずSIIホームページの各補助事業における公募情報にて、最新の公募期間をご確認ください。

百武建設はZEH住宅をおすすめいたします

高性能・高効率の設備が必要なZEH住宅だけに、どうしても初期費用がかかってしまいますが、家計にも住まうひとにも環境にもやさしい住宅であり、資産価値も上がります。長い目でみるとZEH住宅はリーズナブルであると言えます。また家を建てるならZEH住宅という時代もそう遠くありません。百武建設ではお客様のご要望を第一に、ZEH住宅のご提案もさせていただいております。
 
ZEH住宅も百武建設へ

ZEH住宅、新築注文住宅、リフォーム、店舗改装は【総合建設業 有限会社百武建設】へ

総合建設業 有限会社百武建設
〒851-0134 長崎県長崎市田中町872-1 

TEL 095-838-2582
FAX 095-839-9797
TOPへ戻る